So-net無料ブログ作成
- | 2007年02月 |2007年03月 ブログトップ

車道 くるまみち 駅 [桜通線]

桜通線壁面アートシリーズ 今回は、車道駅です。 

しゃどう駅ではなく、「くるまみち」と読みます。

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

車道駅は、「エメラルドウィンド」

透明な緑の風が吹き抜け、あたたかな布地を思わせる起伏を超えて無窮のかなた
へと、私たちの心を運んで行きます。宝石のようにきらめく大切なときを、
エメラルドの風は感じさせてくれます。

説明.jpg

画像は、すべてクリックすると大きくなります。
オブジェ1.jpg


オブジェ2.jpg


協賛企業の「大塚屋」は、
服地や家の布を販売している、6階建ての販売店です。
大塚屋.jpg



今日2月28日に報道されている、

<名古屋地下鉄談合>ゼネコン5社幹部ら逮捕へ 名古屋地検 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000021-mai-soci

桜通線延伸工事で談合があった路線です。

現在、桜通線は、野並駅から先の

鳴子北駅
相生山駅
神沢駅
徳重駅

まで、延伸工事を行ってます。
(駅名は、仮称で、ウィキペディアより引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

400匹の動物が隠れている高岳駅 [桜通線]

高岳(たかおか)駅です。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )  

この駅は、将来できる上飯田線の接続駅になるため無駄に駅のホームが
広いです。

説明.jpg

この駅の壁面アートは、
「森のかくれんぼ」
木々の間に約400匹の動物たちが隠れています。
重ねガラスのだまし絵と光の変化によって、歩くにつれ
いろいろ愉快な動物たちが次々と姿を現します。

鏡を使っているので、斜めしか撮影できません。
正面でさつえいしてしまうと・・・。

オブジェ1.jpg

オブジェ2.jpg

オブジェ3.jpg

これは、見ていて楽しいです。400匹も見つけるのは大変です。

追加
別の日に寒桜をいつも使っている携帯電話のカメラで撮影しました。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
追記:
2017年1月 地図サービス終了で張り替え。
この場所だと思います。


撮影場所は、地下鉄桜通線 高岳駅2番出口を出て、 
山形屋海苔店の交差点を北に曲がった通りです。

画像はすべてクリックすると大きくなります。

寒桜1.jpg

寒桜2.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

駅の構造模型とつぼが展示してある久屋大通駅 [桜通線]

桜通線 久屋大通駅の壁面アートです。

久屋大通駅は、名城線と交差していて、桜通線が開業したときに
名城線の久屋大通駅が新設されました。

この駅は、名城線の栄駅から久屋大通駅まで、地下街「セントラルパーク」で
歩いて行けます。

また、テレビ塔も近くにあります。

画像はすべてクリックすると大きくなります。
出入り口1.jpg


久屋大通駅の壁面アートです。
壁画.jpg

設置場所は、セントラルパークアネックス側の名城線改札口にあります。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

下の画像は、最寄出入り口です。
出入り口2.jpg

桜通線 久屋大通駅のホームには、
駅の構造模型と壺が置いてあります。

画像はすべてクリックすると大きくなります。
つぼ.jpg
奥に写っているのが桜通線の電車です。

つぼ説明.jpg
(追加:画像をクリックするとこの壺の説明があります)

この志野花器は、地下鉄桜通線の建設中に桜通り(呉服町)の
地下20メートル付近で出土した粘土を用いて、山口重信氏
(東海伝統工芸会会員)が制作し、桜通線の開通記念として
本市に寄贈されたものです。
平成元年9月

と書いてありました。

呉服町は、久屋大通駅近くにある「桜通呉服」
という交差点付近のことだと思います。


駅構造模型1.jpg
久屋大通駅の構造模型です。

駅構造模型2.jpg

駅構造模型3.jpg

この模型の制作費はいくらだったのでしょうか?
結構かかっているような・・・。

ちょうどバブル景気のときに開通したので、
このような模型が作られたのでしょうか?。
実際のところはわかりません。

駅の構造模型があるのは、たぶん
桜通線の久屋大通駅だけだと思います


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

丸の内駅 [桜通線]

桜通線の壁面アートシリーズ、鶴舞線との乗り換え駅の 丸の内駅です。

この駅の近くには、日本銀行名古屋支店があります。
丸の内日銀前.jpg
丸の内交差点と真ん中の白い建物が日本銀行名古屋支店です。

説明.jpg
丸の内駅は、「はるかなるものへ」と題されてます。
少し字が見難いところがあります。

オブジェ1.jpg
画像が、少し暗いです。

オブジェ2.jpg
もう少し近寄ってみました。

画像ではわかりにくくなってしまいましたが、なかなかよい感じでした。

地下鉄丸の内駅の壁面アート設置場所は、3番出入口と6番出入口の近くにあります。

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

国際センター駅 [桜通線]

桜通線の壁面アートシリーズ 国際センター駅です。


駅名にもなっている国際センターです。
国際センター.jpg

国際センターについて。

名古屋国際センターは、地域の国際化を推進することを目的に、
昭和59年(1984年)名古屋市の公の施設として、設置されました。
名古屋国際センターは、その目的を達成するため、次の事業を行います。
  1. 地域の国際化推進のための情報提供及び相談
  2. 地域の国際化推進のための講座及び研修の実施
  3. 地域の国際化推進に取り組む団体及び個人の活動の促進
  4. 名古屋国際センターの施設の供用
  5. その他地域の国際化を推進するため市長が必要と認める事業

だそうです。 
国際センターのあらましより引用

国際センターの壁画は、

夢のあしあとという題名が付いてます。

説明.jpg

ちょっと画像が見難いです。

協賛企業のダイコク電機は、
国際センターに本社がある、電子制御機器、パチンコシステムの開発の会社です。


オブジェ1.jpg

オブジェ2.jpg

なかなかきれいです。

設置場所は、名古屋駅の東側にある地下街「ユニモール」の東端の先にあります。
名古屋駅から歩いていけます。
または、国際センター駅の改札口を出て左側にあります。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

土木学会技術賞を受賞した名古屋駅 [桜通線]

今日は、名古屋駅です。

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

JRセントラルタワーズ.jpg
画像は、桜通から見たJRセントラルタワーズです。

桜通は、この路線の由来となった とおり です。

この通を千種(ちくさ)区の今池まで、東に進みます。

桜通線の名古屋駅を建設するとき、JRセントラルタワーズの地下深くを通して
建設されてます。

桜通線の名古屋駅のホームに平成2年に
土木学会技術賞を取ったときの盾が展示されてます。

 土木学会技術賞1.jpg

土木学会技術賞2.jpg


画像左側の下の銅色のところに以下のような説明が書いてあります。



この土木学会技術賞は、「地下鉄桜通線の名古屋駅付近における大規模
アンダーピニング工事」に対して授与されたものです。
JR新幹線・在来線、JR本社ビル、名古屋鉄道本線、、地下鉄東山線、
テルミナおよびユニモール地下街など総延長550m、総重量70万トン
に及ぶ構造物を仮受けして地下鉄工事を施工したものです。

「JR本社ビル」とは、現在のJRセントラルタワーズのことです。

素人には、「アンダーピニング工事」といわれてもわかりませんが、
とにかくすごく大変な工事だったのは、間違いないようです。

名古屋駅の壁面アート。1箇所目
オブジェクト1説明.jpg


イメージスペース・名古屋駅の人々と題されたオブジェクト

たて2メートル17センチ よこ62メートル38センチあります。
協賛企業は、当時の東海銀行、現在の三菱東京UFJ銀行です。

オブジェクト1-1.jpg

オブジェクト1-2.jpg

オブジェクト1-3.jpg
名古屋駅を行きかう人々を描いているようです。

設置場所は、太閤通口(ビックカメラ側)に近い地下鉄13番出口を入っていった改札口前です。

改札の中から行く場合、東山線と桜通線の桜通線側の乗換え口の途中に
改札がありますので、改札を出て、右に少し行ったところにあります。

2ヶ所目。

設置場所は桜通線12番出入り口の近くにあります。

タイトル「春のめざめ」
科学技術の発達した21世紀の未来都市。
この作品は、わたしたちの生活がより自然と近いものとなり、
平和と安定がもたらされることを願って制作されました。
45枚のガラスレリーフは、ひとつのコンポジションとなって
春に目覚める草や木々、森羅万象をエポティックに
表現してます。
作者:エカチェリーナ ゲツォワ


説明2.jpg


オブジェクト2-1.jpg

オブジェクト2-2.jpg

未来的な感じがします。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

中村区役所駅 [桜通線]

西の始発駅、中村区役所駅です。

桜通線路線図.gif
上の画像で、赤色の路線が桜通線です。


中村区役所.jpg

画像は、中村区役所と画像右側に写っている
JRセントラルタワーズです。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

中村区役所の上は、公営住宅で、名古屋駅からおよそ2キロくらい
西にあります。

中村区役所駅の壁面アートは、


地中の虹

と題されてます。

各企業が協賛して作られているようです。

オブジェ説明.jpg


地中の虹
オブジェ1.jpg
曲面鏡と彩色した金属棒、光ファイバーが使われてます。


もう少し近づいて撮影してみました。
オブジェ2.jpg


オブジェ3.jpg


桜通線は、ほかの地下鉄路線と乗り換えがない場合、
改札口は1箇所のみです。

桜通線、中村区役所駅の壁面アートは、
改札の外にあります。

このようなオブジェがあるのは、桜通線のみです。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:地域

桜通線の概要 [桜通線]

桜通線の概要から。
名古屋市営地下鉄の桜通線は、1989年(平成元年)9月10日に
名古屋市中村区の中村区役所駅から
名古屋市千種区(ちくさく)の今池駅まで開業しました。

5年後の1994年(平成6年)3月には、今池駅から天白(てんぱく )区の
野並駅まで開通しました。

現在、緑区の徳重(とくしげ)駅まで延長工事をやってます。

緑区ではじめての地下鉄になります。

先日ニュースで報道されてましたが、
この延長工事で談合があったようです。

桜通線は、最終的には、南方向は、豊明市まで延伸予定で、

西方向は、中村区役所駅から西に七宝町(しっぽうちょう)まで延伸される計画です。

名古屋市営地下鉄は、東山線と名城線、名港線の車両は、通常の電車より
一回り小さい電車になってます。

鶴舞線、桜通線、上飯田線は、名古屋鉄道(名鉄)と同じサイズの電車になってます。

桜通線は、ほかの路線より、かなり拡張できるように駅も、ホームも作ってあります。

桜通線は、ワンマン運転を行ってます。

これから載せるのは、桜通線各駅の構内にある壁面アートです。


タグ:桜通線概要
nice!(0) 
共通テーマ:地域

- |2007年02月 |2007年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます